×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

整体院ほっと&ホットは鳥取市国府町にある整体院です。

腰痛・坐骨神経痛についてHEADLINE

あなたの腰痛に関する知識は誤って
ませんか (>_<)

どうして腰痛は起こるのでしょう!


次の画像を見てください!


 
上の画像は、普段よく見受けられる椅子に腰掛
けた時の姿勢を骨格模型で表したものです。

左側の下腹重心の姿勢は、骨盤が起き、胸郭
(肋骨)が、持ち上がった良い姿勢です。

一方、肛門重心の姿勢はどうでしょうか?

骨盤が後ろに倒れ、倒れた骨盤に脊柱が引っ
張られ、腰から背中にかけて、丸くなり、猫背
となった悪い姿勢です。

腰痛・坐骨神経痛が起きやすい方に共通する
のが、右側の肛門重心の姿勢です。

どうして、右側の姿勢でいると腰痛や坐骨神経
痛になりやすいのでしょう?

よく考えてもらえばわかるのですが、骨盤が後
傾し脊柱が丸くなっている姿勢では、背骨の上
にべたっと付いている脊柱起立筋など腰部から
背中、首までの筋肉が常に伸ばされている状態
にあります。

筋肉も絶えず伸ばしていれば、ゴムが劣化して
硬くなるように、柔軟性がなくなり、硬くなります。

筋肉の中には血管や神経もあります。

筋肉が伸ばされれば、当然中に通っている血管
や神経も伸ばされることになります。

ゴムチューブの両端を持って引っ張れば、ゴム
チューブの内径は潰れ、通りが悪くなります。

筋肉が伸ばされれば、血管や神経にもゴムチュ
ーブと同様の状態が起きることとなります。
 
髪の毛を引っ張れば痛いように、血管や神経も
伸ばせば血流も悪くなり、痛みも生じます。

筋肉についてですが、日常的に伸ばしている状
態が続き、たまたまクシャミをするなど、急激に
力が加わって、伸ばしている筋肉をさらに伸ば
せば、筋繊維の束の一部がブチッと切れ、激
痛が起きる可能性もあります。

また、右側の骨盤が後ろに倒れ脊柱が丸くなっ
た姿勢は、脊椎の背中側が開き、お腹側が潰れ
た状態です。
 
潰れた椎間板は、弾力性を失って関節の可動
性が悪くなります。

そして肛門重心により腰椎の5番が前にすべり、腰椎の5番と仙骨をつなぐ腰仙関節の後ろ側
が潰れてしまいます。

この結果、腰仙関節から出ている坐骨神経が
緊張して脚の血行が悪くなり、重だるくなったり、むくみが生じたりします。それらの負担が腰に
来るため、腰痛も悪化してしまいます。

ここで挙げたのは、代表的な姿勢から起きる
腰痛ですが、腰痛の原因には姿勢から起きる
ものの他に、胃腸の調子の悪さから起きるも
のなどもあります。
 
どのような症状にしても、その原因をきちんと
見分けて、原因に対して施術を行わないと、
効果は出ません。